雨ニモ負ケズ

2009.01.30 Fri

ちょくちょくお邪魔しているmacoanさんのブログ、英国屋台(美味しいものや旅の話題に日々の暮らしなど、話題豊富で毎日楽しみにしてます)にアップされていたこちらの記事に目が釘付け。私の大好物のつみれがっ♪ 迷わず本日の晩ご飯はつみれ汁に決定。雨ニモ負ケズで買い物にGO!つみれの脇を固めるお野菜は冷蔵庫にたくさんある大根と人参とちょっぴり残っていたわけぎで。買い物ついでにほうれん草なども買って、今日は和食だ!目鯛の西京漬けもちょうど食べごろになっているはずなので、焼いて食べることに。

というわけで、本日の塾弁
090130塾弁


今月後半は家に引きこもる日が多く、ちまちまと手を動かしていました。久しぶりにつくろいものや寒がりなオットの冬のマストアイテム、フリース帽子などお裁縫の真似事をしたり、キッチンでごそごそ仕込みをしたり。今日のお弁当に入っている目鯛の西京漬けも漬けておくだけ。漬ける床やお魚を変えていろいろ楽しみます。

鶏の味噌漬け。ご飯が進みます。


鶏そぼろ。お弁当の定番。


焼き餃子。日曜の夕食にどーんと80個。焼いては食べ、焼いては食べ…(ぷはっ♪)厚めの皮だったのでお腹が膨れて10個ほど残ったので冷凍庫へ。後日餃子スープにでも。


来月の人間ドック、受ける前から結果が想像つきますね…

[雨ニモ負ケズ]の続きを読む
  1. 2009/01/30(金) 18:24:11|
  2. 料理あれこれ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

Wお弁当デー

2009.01.29 Thu

今日は娘の社会科見学でした。事前に配られたプリントを見るといつもの登校時間よりかなり早い集合…こんな寒い時期にいつもより早起きですか(涙)。朝バタバタと作ったお弁当はこちら。結局いつものおかずが並びます。
090129社会科見学弁当

帰ってきた娘は「おかずがあちこちに移動していた」と言っていました。気をつけてね〜と言ってあったけれど、跳んだりはねたりしたのね…

今日は塾の日なので夕方には塾弁も…
090129塾弁

[Wお弁当デー]の続きを読む
  1. 2009/01/29(木) 19:00:08|
  2. お弁当|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

初めましてのお野菜

2009.01.28 Wed

スーパーで見かけた見慣れぬ野菜。プチベール…なにやら可愛らしい名前に惹かれて買ってみる。キャベツとケールのかけ合わせらしい。ケールといえば青汁でおなじみ。どんな味やら。裏返してみましょう。
090127プチベール

芽キャベツがひらひらになった感じ?


袋から出して見ると芽キャベツっぽい手触り(そういえばケールはキャベツ類の原種と言われてますね。子孫とご先祖をかけあわせたってこと?)


袋の食べ方を見て、天ぷらにしたら風味も彩りもよさそうだし、ふりふりの姿も映えるかな〜と思ったけれど、お弁当の日だったのでスープに入れることに。一応芽キャベツと同じイメージで下茹でして葉っぱを一枚はがして味見。芽キャベツ味と似た味でした。ケールとのかけあわせというので、青臭くて苦いものを想像していたら、甘味とほろ苦さがいい感じ(一家揃って芽キャベツが好きなので我が家はwelcomeですが、芽キャベツが苦手な方は…)。

そんなニューフェイスを迎えて作った昨日の塾弁。





[初めましてのお野菜]の続きを読む
  1. 2009/01/28(水) 16:50:20|
  2. お弁当|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

いかのトマト煮でぐびっ

2009.01.27 Tue

無類のいか好きの我が家。やりいかがあったので娘の好物、トマト煮を。

1.やりいかははらわたを抜き、軟骨を外して中を洗う。下足はみじん切り。

2.玉ねぎをみじん切りにし、パン粉、パセリのみじん切り(お好みのハーブをどうぞ)、粉チーズ、にんにくのみじん切り、塩胡椒、オリーブオイル、1の下足を混ぜ合わせておく。

3.1のいかに2をスプーンで詰め、爪楊枝で止める。

4.お鍋につぶしたにんにくとオリーブオイルを入れて火にかけて香りが出たらいかを入れて軽く焼きつける。
090126烏賊トマト煮焼きつけ

5.4に白ワインを注ぎ入れ、アルコールを飛ばしてホールトマトトマト缶とローリエを入れ、塩胡椒で味を整える(ホールトマトである必要はなく、私が使ったのもカットトマトの缶詰でしたので、トマト缶の表記に訂正しました)。

6.軽く煮込んで出来上がり。はい、とっても簡単です。煮込みすぎるといかが縮んでしまうので、煮込みすぎに注意です。トマトソースを敷いたお皿に切って盛り付けましたが、写真を撮る前に食べてしまいました…出来上がりは想像してください…イメージ、イメージ!(笑)

ワインと一緒にどうぞ☆ぐびっといってくださいね〜♪

[いかのトマト煮でぐびっ]の続きを読む
  1. 2009/01/27(火) 15:49:29|
  2. 料理あれこれ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

我が家の黒豆

2009.01.26 Mon

なんで今ごろ黒豆…という感じですが、オットが黒豆好きなので我が家ではお正月以外にも時々煮ます。毎度、どんな分量だったかしら…とやっているので覚え書きに。どなたかのご参考になることがあれば嬉しいです。


材料

黒豆 500g(我が家は丹波篠山産の飛切か飛切極上を使用。味も姿も結構ですがお値段も結構。でも黒豆はお値段と仕上がりがある程度比例するような。今回はおなじみ富沢商店で購入。)
水 10カップ強
砂糖 300g前後(我が家は250g強。お豆の袋の分量よりかなり少なめです)
塩 小さじ1杯
醤油 大さじ3杯

1. 大きな厚手の鍋に黒豆以外の材料を入れ、火にかける。

2. 黒豆は水洗いしてざるにあげる。

3. 1の鍋の調味料が溶けて沸騰したら、2の豆を入れて一晩そのままにする。

4. 翌朝、3を火にかけ、沸いてきたらあくを取る。火を弱めてほたる火に。

5. 落し蓋や紙蓋をして、鍋蓋は少しずらした状態にするなど豆が躍らないように調節しながら柔らかくなるまで煮る。途中水分が減ってきたら水を差し、常に豆が水面下にあるようにする。豆が水面上に顔を出すとしわがよるので、こまめにチェック。柔らかくなったら一晩置いて味を含ませる。

6. 翌朝、味見。味が薄ければちょっと足してもう一度火を入れるなど微調整(邪道かもしれませんが、煮上がったばかりの時は味の含みが今ひとつなので…)

ここから先は瓶詰めする場合です。瓶詰めしない場合は清潔な入れ物に移して冷蔵庫へ。日持ちしないので、早めに食べきります。

7. 6の鍋をもう一度火にかけるのと同時進行で、瓶詰めの瓶や蓋を煮沸消毒する。

8. 熱い瓶に熱い豆を肩口まで入れ、脱気する。

9. 脱気できたら冷ます。

追記

1:味付けはお好みですが、我が家は普通のレシピよりかなり甘さ控えめです。糖度が上がるとつやつや感が増し保存性も高まりますが、家庭で食べることと、瓶詰めにすれば蓋を開けない限り長期保存が可能なのでこのぐらいです。普通に冷蔵保存する場合はもう少し糖度を上げたほうが日持ちします。

2:我が家は重曹もさびた釘も入れません。重曹を入れなくても今のところ問題なく煮えています。さびた釘は家にないし、鉄卵をわざわざ買うのもナンなので。

3:これぞ時間料理の決定版。用事があるときや忙しい時は中断しても大丈夫です。長丁場ですし、静かに音もなく煮ているので、火をつけていることを忘れないように!脱気のときは火傷にご注意くださいね…

このレシピ…

[我が家の黒豆]の続きを読む
  1. 2009/01/26(月) 16:12:43|
  2. 料理あれこれ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ

最近のエントリー

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

プロフィール

kaoruko

Author:kaoruko
ようこそおいでくださいました。
ごゆっくりどうぞ。
食べること、毎日のこと、子どものこと、思いつくままにつづります。リンクフリーですが、リンクを貼ってくださった際はお知らせいただけるとありがたいです♪

検索フォーム

RSSリンク

PoweredBy

Powered By DTIブログ

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約